桜花学園大学・名古屋短期大学 図書館

利用案内 [館内での利用][館外での利用][卒業生の方へ][学外の方へ][他大学の方へ]

開館時間および休館日
  • 授業期 月、火、木、金曜日 8:40〜18:30
    水曜日 8:40〜17:30
    土曜日 8:40〜13:00
    休業期 月曜日〜金曜日 9:00〜16:50
    土曜日 9:00〜13:00
    休館日 日曜日、祝日、創立記念日(6月10日)
    館内整理日、春・夏・冬期休業中の一定期間(事前に掲示等でお知らせします)
    やむを得ない事情により変更する場合もあります。
    最新情報はこちらへ
入館手続
入り口に入館者数を調べるためのカ−ドがあります。該当するカ−ド(学科、学年によってカ−ドの色が違います)をとり所定の箱に入れてください。帰るときにカ−ドは戻さないでください。
入出口ゲ−トは、資料無断持出し防止のための装置です。館外へ資料を持出す場合は、受付で手続きを済ませてください。
館内での利用
館内は全て開架式になっており自由に利用できます。ただし次のことは守ってください。
  • 利用後は元あった位置に戻してください。位置がわからない時は返却台に置いてください。
  • 以下の資料はそれぞれのコ−ナ−で利用してください。
    参考図書
    事典・辞書・年鑑など何かを調べるための図書です。
    視聴覚(AV)資料
    カセットテ−プ、CD、ビデオ、DVD、LD、レコ−ド、スライド、マイクロフィルムなどが利用できます。
    雑誌
    1階雑誌コ−ナ−には最新号から約1年間分が置いてあります。バックナンバ-を利用したい場合は、雑誌棚板の奥あるいは3階の書庫にあります。
    新聞
    ラウンジに当日のものがあります。それ以前のものについてはこちらへ
    指定図書
    担当教員が指定した必読図書です。
    展示資料
    主な新着の資料を展示します。利用したい場合は受付へ申し出てください。
    ペ−ジの先頭へ戻る-
館外での利用(貸出)
借りたい資料と学生証あるいはLIBRARY CARDを受付へ持参してください。
館外貸出の数と期間
  • 学生(研究生、科目等履修生等を含む)
    区分 通常 長期休業 短大2年(後期) 学部3,4年、専攻科
    卒業研究 卒論、修了研究
    資料 期間 期間 期間 期間
    図書 5 2週間 10 休業期間 5 4週間 5 4週間
    雑誌 2 2週間 3
    CD、カセット 2 2週間 3
    教職員 卒業生 公開講座受講者
    付属幼稚園保護者
    大学院生
    資料
    図書 30 3ケ月 5 4週間 5 2週間 10 4週間
    雑誌 10 4週間 2 2週間 2 2週間
    CD、カセット 10 4週間 2 2週間 2 2週間
       相互協力 (他館)           
     図書  4週間
*その他に保育実習教育実習のための特別貸出があります。
実施についてはその都度お知らせします。
返却
開館時間中は受付へお返しください。
  • 返却期限を過ぎるとその日数分だけ貸出停止(最大30日まで)します。
    長期間の場合は氏名を学内掲示し、自宅へ督促状を送付あるいは電話します。ご注意ください。
  • 開館時間外、休館日に返却する時は、玄関右横のブックポストに投函してください。ただしCD、カセットは破損する恐れがありますので受付へお返しください。
  • 開館時間外にブックポストに投函された資料は、翌開館日に返却されたとして取り扱います。返却期限にご注意ください。
更新(貸出期間の延長)
通常貸出(2週間)で借りた資料を引き続き借りたい時は、1回に限り貸出期間を延長「更新」することができます。<貸出限度期間4週間>
  • 次に利用を希望する予約者がいる場合は更新できません。
  • 学生証あるいはLIBRARY CARDと借りている資料を受付へ持参し、手続きをしてください。現物(資料)なしでの更新手続きは行いません。
  • 特別な事情により更新できないこともあります。
予約
借りたい資料がすでに貸出中のとき、予約することができます。ただし、延滞資料のある方や貸出停止期間中の方は、予約することができません。詳細はこちらへ
禁帯出
貴重書、参考図書、指定図書、雑誌の最新号、製本雑誌、視聴覚(AV)資料(CD、カセットは除く)は貸出しません。ただし参考図書については翌開館日の午前中までの「一夜貸出」を行うことができるものもあります。受付へご相談ください。
指定図書として1冊は禁帯出ですが、複本がそれぞれの請求記号(背ラベルの番号)の棚にあります。館外貸出はそちらを利用してください。
弁償
利用中の資料を汚損、破損、紛失した場合は現物あるいは相当代価で弁償していただきます。受付まで申し出てください。
紛失資料は図書館に届けられることもありますので、紛失したときは直ちに図書館へ届け出てください。
ペ−ジの先頭へ戻る